額縁の作り方

額縁の作り方 −古色色づけ−

アンティーク調の額縁を仕上げるには、下地塗りをわざと斑に塗って細かい金箔を張り、金箔を布などで剥がして下地を出し、古代調にして行きます。

額縁の作り方 −古色色づけ−

その上から、さらに古代色を塗り、アンティークな色合いを醸し出します。これらの作業を「古美を入れる」と言います。出来上がった額縁は、額裏の処理をして完成します。

額縁の作り方 −古色色づけ−
工程1 デザイン彫り | 工程2 本塗りと金箔押し | 工程3 古色色づけ

一つ前のページへ戻る

ホーム > 額縁の作り方 > 額縁の作り方 古色色づけ